本始動

本サイトは analogrpg.net より移転してきました。

現在のところは analogrpg.net のドメインからもアクセスできますが、2019年2月にドメインの契約が切れますので、ブックマークなどはこちら( trpg.work )の方にお願いします。

今後ともよろしくお願い致します。

失敗の責任なるもの+

(こうした文章を書くのもちょっと久しぶりなので、ちゃんと書けているのか不安だったりもするんですが、出さなきゃ始まらんということで放流します)

(T)RPG の話題として、セッションが面白かったかつまらなかったか、つまらなかったときの責任は誰にあるのか……そんな話が時折出ることがあります。

今回目にしたのは Twitter 上でしたが、長く遊んでいれば一度は考える話題かなーと。

時間が経つと、考えたことも忘れちゃうくらいの話だったりもするんですけどね。

“失敗の責任なるもの+” の続きを読む

[book] 『机上の総べて』を読んで(1)

たかみ弌さんの (T)RPG 漫画に「机上の○○」というシリーズがあります。これがなんというか、変に肩肘張ったり着飾ったりしない、実に率直なゲームシーンを描いた快作でして。(いや人によっては臓腑を抉られるような気持ちになると思いますが)

その総集編『机上の総べて』が先日、冬コミで頒布されたんですね。で、まあ僕はコミケには参加していませんので、こかげ書店の通販でもって入手したわけです。

机上の総べて

「机上の」シリーズについては、パブーで電書になっているものと、後から通販で入手できたものくらいしか持ってなかったので、ちょいちょい抜けが有ったんですが、総集編ということでその抜けの部分まで全部フォローできまして。

(T)RPG のゲーマーとしてはほぼ同世代だと思うんですが、だからこそ読んでいてアレヤコレヤと昔のことを思い出したりもして。

ホントにもう、ぐさぐさと刺さりやがんの(笑)

机上の総べて

で、ここからは個々のエピソードについて、感想だったり思い出した自分の経験だったりをダラダラと書いていきます。

長いんで 2~3 回に分けて書きますね。

今回は第一回ということで。

“[book] 『机上の総べて』を読んで(1)” の続きを読む