[TSDE] TRPGシナリオ作成大全vol.9 先行プチレビュー(2)

というわけで『TRPGシナリオ作成大全vol.9』プチレビュー2回目です。

冬コミまでに終わらせたかったんですが、どうにも体調が優れず。面目ない。

……さて、気を取り直して今回のお品書きは

  1. 古めかしい、謎解きシナリオの作り方
  2. 拠点防衛型シナリオ
  3. 抽象化によるシナリオ構築

以上の三記事です。

“[TSDE] TRPGシナリオ作成大全vol.9 先行プチレビュー(2)” の続きを読む

[TSDE] TRPGシナリオ作成大全vol.9 先行プチレビュー(1)

お待たせしました『TRPGシナリオ作成大全vol.9』プチレビュー。

前回は目次を紹介しただけで終わっちゃったので今回が第1回ということで。

本シリーズでは以下の三つの視点でレビューしています。

  1. 概要
  2. こんな人にオススメ
  3. 自分ならどう使うか

それではいつもどおり、毎回 3 記事ずつ紹介していきます。

今回のおしながきは

  1. 続・やさしい人物関係シナリオから
  2. これでできる!クトゥルフのシナリオ改変
  3. 大全8でウタカゼシナリオに挑戦

“[TSDE] TRPGシナリオ作成大全vol.9 先行プチレビュー(1)” の続きを読む

[TSDE] TRPGシナリオ作成大全vol.9 先行プチレビュー(0)

現在の (T)RPG 系同人誌の活況なことといったらもう!

カラフルでセンスの良い表紙に、読みやすく整理されたレイアウト。そして SNS で展開される宣伝合戦に、果ては専門サイトで通販されるまでに到り。かれこれ四半世紀前、手作りコピー誌を友人宅に集まってちまちま作ったり、〆切に間に合わず会場で作りながら頒布したりごめんなさいペーパー配ったりが当たり前だった時代のオッサンゲーマーとしては感無量でありますことよ。

で、その活況の導火線となったいくつかの同人誌の中でも、ゲームシステムやシナリオ集、リプレイですらないノウハウ本という珍しいジャンルを突きつつ、シリーズ化して今回で9冊目を数えるに至った『TRPGシナリオ作成大全vol.9』を、一足先に拝見する機会をいただけましたので、その先行プチレビューです。

本エントリはいつもどおり目次をザラッと眺めて、各記事については次エントリからになります。

“[TSDE] TRPGシナリオ作成大全vol.9 先行プチレビュー(0)” の続きを読む

失敗の責任なるもの+

(こうした文章を書くのもちょっと久しぶりなので、ちゃんと書けているのか不安だったりもするんですが、出さなきゃ始まらんということで放流します)

(T)RPG の話題として、セッションが面白かったかつまらなかったか、つまらなかったときの責任は誰にあるのか……そんな話が時折出ることがあります。

今回目にしたのは Twitter 上でしたが、長く遊んでいれば一度は考える話題かなーと。

時間が経つと、考えたことも忘れちゃうくらいの話だったりもするんですけどね。

“失敗の責任なるもの+” の続きを読む

[book] 『机上の総べて』を読んで(1)

たかみ弌さんの (T)RPG 漫画に「机上の○○」というシリーズがあります。これがなんというか、変に肩肘張ったり着飾ったりしない、実に率直なゲームシーンを描いた快作でして。(いや人によっては臓腑を抉られるような気持ちになると思いますが)

その総集編『机上の総べて』が先日、冬コミで頒布されたんですね。で、まあ僕はコミケには参加していませんので、こかげ書店の通販でもって入手したわけです。

机上の総べて

「机上の」シリーズについては、パブーで電書になっているものと、後から通販で入手できたものくらいしか持ってなかったので、ちょいちょい抜けが有ったんですが、総集編ということでその抜けの部分まで全部フォローできまして。

(T)RPG のゲーマーとしてはほぼ同世代だと思うんですが、だからこそ読んでいてアレヤコレヤと昔のことを思い出したりもして。

ホントにもう、ぐさぐさと刺さりやがんの(笑)

机上の総べて

で、ここからは個々のエピソードについて、感想だったり思い出した自分の経験だったりをダラダラと書いていきます。

長いんで 2~3 回に分けて書きますね。

今回は第一回ということで。

“[book] 『机上の総べて』を読んで(1)” の続きを読む