[trpg] 『TRPGシナリオ作成大全 vol.1』を読んでみた : 1.目次編

ということで、まあとりあえずファースト・インプレッションから書いていきましょう。

本書の構成

とりあえず目次から。 1)※署名のないものは空欄にしてあります

題名 署名 扉(ページ数)
はじめに 2 (2)
シナリオ作成方法論のトピックス 氷川霧霞 4 (14)
シナリオ作成の幾つかの
 バリエーション
汀亜号 18 (10)
人物関係シナリオから 隆見 ヲサム 28 (18)
名と数から生まれる
 キャンペーン・ゲーム
玄兎 46 (14)
初歩から分かる!
 異端ダンジョンの作り方
丹川 幸樹 60 (10)
ブレイドオブアルカナ
 シナリオ作成術
いいんちょ 70 (16)
ペアシナリオメイキング 氷川霧霞 86 (10)
そんな時には
 ペアシナリオメイキング!
丹川 幸樹 96 (8)
ヒロイン学講座 真中拓也 104 (14)
ストーリーラインで作るシナリオ 神沼 三平太 118 (22)
†愛天使ラブフェル†氏の
 シナリオフォーマット
†愛天使ラブフェル† 140 (2)
ライセンス 142 (2)
あとがき・奥付 144 (1)

あとがきは目次にゃありませんけど、まあ一応。

ということで、本文が実に144ページ。これに表1~4がついて、印刷ベースで148ページという大ボリューム。「これで1000円ですってよ奥さん!」「まぁお安い!」みたいなコトを書きたくなります(笑)が、そういうのは横に置いて。

えー今回はここまで。次回は「2.分類編」となります。なにをどう分類するんでしょうか? それはまたのお楽しみ。

次から本気出す(笑) 2)=出さないと間に合わない

References   [ + ]

1. ※署名のないものは空欄にしてあります
2. =出さないと間に合わない

3 Replies to “[trpg] 『TRPGシナリオ作成大全 vol.1』を読んでみた : 1.目次編”

コメントは受け付けていません。