[diary] あれこれ再開……したいなァ

年度末のアレコレやら確定申告その他のテンヤワンヤが片付いて、どうにか可処分時間を確保できるようになってきたりして。

そんなわけでボチボチ『化石的ゲームマスター読本3』他の執筆も再開していこうかなーとか思ってたり。

あとは『常夜国騎士譚RPG ドラクルージュ』(公式サイト)を遊んでいきたいぞ、とか。

これは久しぶりに for me だなーという。*1その分『アマデウス』にはワリを食ってもらうことになったりも。他にもキャンペーン抱えてるし、どっちも遊べるほどではなく。まあ他に GM やるって人が出てきたんで、お任せします。

『常世国騎士譚RPG ドラクルージュ』

何が面白いってアレよ、これ DR*2DR = 「ドラクル」。ドラクルージュにおける GM の呼称。 やると NPC で気障ったらしい外道とか思う存分やれるんよ(笑)

いや普通に別のゲームでやってもいいんだけどさ、そういうんだとどうしてもギャグになっちゃうのね。

そこを大真面目にやれるってのが強い超強い。

その辺、セッションでゲーム世界に没入できないと辛いんで、慣れるまでは最初は通常会話から宮廷(騎士)言葉にして軽いストレスをかけながら順応を促して、徐々に NPC の振る舞いを大仰にしていく……みたいなグラデーションをつけたプレイが必要になる感じ。

まあ V;tM とか Pendragon とかで慣れてる面子には、しょっぱなからアクセル全開でいけるのだけど(笑)

宮廷言葉に慣れてない人はとりあえずアニメ『銀河英雄伝説』の帝国側のシーンを見れば大体いける。「卿の言には聞くべきところがある」とか言ってみると良い(笑)

あとは Twitter で神谷先生の関連ツイートとか追っかけてみると、大体こんな感じかなーってのはつかめると思うんで。

ゲームシステムもよく出来てて、結構カツカツな資源管理を要求されるのも好き好き。

そのくせ PC 数で敵の HP を自動調節するんで、サンプルシナリオのデータとかちゃんと検証しておけば、バランスガーとか悲鳴を上げずに済みそう……な、気が。たぶん。

いやまだデータ読みが浅いんで、変なシナジーでぶっ壊れる可能性は否定出来ないのだけど。 (僕はその辺のセンスあんまりないんで)

耽美な世界なんで、羞恥心が表れにくいオンセ向けでもあって。

あと作劇的でもあるからには、リプレイ動画でキラータイトルになる可能性も?*3現行のジョークプレイへのカウンターとなれるか次第だろうけど。

『化石的ゲームマスター読本3』

あれこれアウトラインに悩んでたりするノウハウ編。

なんで悩んでるかったら、そら『なぜなに未来侵略 テーブルトークRPG編』が出たから。

どうしても内容かぶっちゃう部分がねー、とか。

もちろん射程の違いから言及されてないこともあるし、色々と書けることは有るのだけども。

どうすれば別の提案としてパッケージになるか。というのでちょっと考え中。

ゲームシステム、ゲームシナリオ、マスタリングの三点からそれぞれにアプローチする形がいいかなァ……とか。

相互に関係し合ってるんで、整理するの大変なんだよねコレ(汗)

References   [ + ]

1. その分『アマデウス』にはワリを食ってもらうことになったりも。他にもキャンペーン抱えてるし、どっちも遊べるほどではなく。まあ他に GM やるって人が出てきたんで、お任せします。
2. DR = 「ドラクル」。ドラクルージュにおける GM の呼称。
3. 現行のジョークプレイへのカウンターとなれるか次第だろうけど。