[memo] シルバーレインRPG(2)

 前のレビューエントリ「シルバーレインRPG」に、TRPG Search の方でコメントをいただきました。

>ただ、これが面白いのは「チャプター開始時に、チャプターの終了条件を明示する」という点。

ここが目に止まりました。
チャプタという短い単位に区切れば,一つのチャプタでパーティが失敗しても次のチャプタで挽回すれば最終的にシナリオは成功,ってできるね。
であればマスタとしても心理的にシビアなチャプタを持って来やすくなりそう。

TRPG Search – [Review] シルバーレインRPG

 だいぶ遅れましたが、これについてちょろっと。
“[memo] シルバーレインRPG(2)” の続きを読む

[Review] シルバーレインRPG

 データの精査もしないまま『シルバーレイン』のランニングテスト。
 レジュメも作ってる余裕がなかったんで、ルールブック身ながらあーでもないこーでもないやって。
 シナリオも「訓練場で腕試し」 1)[訓練場で腕試し] = 新しいゲームのランニングテストに使う簡易シナリオ。元は自作のシステムの運用テストのために用意した。本来は 18 パターンの状況処理と 3 回の戦闘を行うが、今回は時間の都合で 6 パターンの状況処理と 1 回の戦闘のみ。というだけの超シンプルゲーム。
 とりあえず判定まわりと基本運用だけ追えれば十分ということで。

 テストにつきあってくれたのは SW2.0 で「払暁の子ら」をやった面子。
 ありがとうございました。
“[Review] シルバーレインRPG” の続きを読む

References   [ + ]

1. [訓練場で腕試し] = 新しいゲームのランニングテストに使う簡易シナリオ。元は自作のシステムの運用テストのために用意した。本来は 18 パターンの状況処理と 3 回の戦闘を行うが、今回は時間の都合で 6 パターンの状況処理と 1 回の戦闘のみ。

[Review][GURPS] ガープス・ファイブスター物語

 こちらの

> ゴーストハンターで、ダメージを数字で言っちゃダメっていうルールがあったと思うけど、あれはその辺を意識してるのかなぁと思ったり思わなかったり。

> 数字に関してはどうするー?とか考えていくと、究極的にはクリスクロスとか.hackみたいな世界観になりそうですが。

のあたりを読んでいて、ちょっと懐かしいことを思い出しました。
 どこかで使えないかと思ってるフレームなんですが。
“[Review][GURPS] ガープス・ファイブスター物語” の続きを読む

[Review] 『死にバラ』ってのがあってね。

 昔、というほどじゃないと思うんだけど、ネットで発表されてた同人システムで『死に急ぐ奴らのバラード』ってのがあったんですよ。(TRPG.NETにもページがあったんで、ご存知の方も多いとは思いますが)
 昔のマフィア/ギャング映画とか、ちょっと古めのハリウッド的な……タフな男とセクシーな女が活躍するような映画の世界で遊ぶゲームで、まあ僕はこれが大好きだったんですが、気が付いたらサイトが無くなっていて、むぅ、と。
 いやまあ全ページ保存してあるし、身内で遊ぶために特定世界観に合わせた海賊版も作ったりしてあるんで個人的には困らんのですが、みんなに見てもらえないのは残念だなぁ、という。
 “ファッキン・チップ”ってルールが面白いんですよ。
 名前はちょっとアレですけど(笑)
“[Review] 『死にバラ』ってのがあってね。” の続きを読む