[Review] 「わかる本」を読んでみた(WB編)

【註】本シリーズでは結論をシリーズ最後にまとめて書く予定です。それまでは簡単な解説と寸評だけなので、個々の「わかる本」に興味の無い方はスルーの方向で(^^;

 のんきな『わかる本を読んでみた』シリーズ第二回。
 今回は『ワースブレイドがよくわかる本』です。

 富士見ドラゴンブックから出てるけど、『ワースブレイド』はホビージャパンのタイトル。編集は伸童社で、扉2に「協力(株)ホビージャパン」とか、なんだかカオスな雰囲気です(笑)
 この時代、RPG 関連書籍を文庫で出そうとすると、富士見ドラゴンブックくらいしかなかったっていうのがある……のかな? 社会思想社は、他所との関連が薄かったらしいからダメだとしても。うーむ。
“[Review] 「わかる本」を読んでみた(WB編)” の続きを読む

[Review] 「わかる本」を読んでみた(D&D編)

 「わかる本」がどんなモンだったのかを、読み返してみようシリーズ。
 ……いや、シリーズ化できるほど「わかる本」持ってないんですけどね(笑)

 えーと、手元にあるのは『D&D~』、『T&T~』、『ワースブレイド~』、かな?
 あと『ブルーフォレスト物語~』も有るはずなんだけど、どこいったか。
 個人的には『T&T がよくわかる本』が一番タメになると思います。これだけ富士見ドラゴンブックではなく、社会思想社-教養文庫なんで、意外と知らない人も多いかも? でも、こういう「わかる本」は、たぶん今でも欲しいんじゃないか……って脱線してますね。スミマセン。

 とりあえず今回は『D&Dがよくわかる本』に的を絞ります。
“[Review] 「わかる本」を読んでみた(D&D編)” の続きを読む